青木大介 Official homepage

Columnコラム

Archive

実釣・取材・ミーティング

2014-01-28

タイトルの3つの繰り返しの日々でございます。

実釣ではDSTYLE第1弾となるトレーラー、仮名『D1』が利根川での最終テストをクリアし、いよいよ最終金型へ!!

今年釣ったバスの9割はD1となっている。

CIMG1917

水温4度でもあっさり釣れました。

CIMG1919

ラインナップされるカラーも僕のワガママ炸裂中です。

もう少しで皆さんに完成した実物をお見せできると思います。

 

取材ではピュアフィッシング社で進行中のアイテムを、ルアマガさんでご紹介。

これは来月のルアマガをお楽しみに。

CIMG1921

 

 

Deezも68M ZRやフィネスZEROなども今シーズンリリース!!

青木虫も新色追加。

などなど・・・・

あっ!!

ラジオFISHING TRAINも行ってきたぞ。

CIMG1914

http://fishingtrain.seesaa.net/

DSTYLE設立について語ってます。

聴いてみてください。

 

今週も打合せが多いですが、週末からは河口湖へ出撃予定です。

そろそろトーナメントに向けてもウォーミングアップ開始です。

 

 

 

 

 

 

 

Deezネオス Goサイン

2012-06-28
本日も桧原湖上。
今日はプラクティスを進めつつもメインのネタはコイツ。

Deez

Deezネオス!!
僕のフィッシングスタイルの中で最も重要となるアイテム。

去年のエリート5のときにファーストサンプルが出てきて以来、過酷なテストを繰り返してきた。

スピニングは道具の中では最重要アイテム!!

ライトラインでモンスターハンティング。
それがDeezネオス。

今回のテストでいよいよ完成となりました。

最終テストはMr.LTX石川氏と大内氏の3人で行いました。

石川氏

TOP50第3戦檜原湖戦からフルDeezで挑みます。

北浦戦の戦士たち

2012-06-20
台風4号が去ったと思ったら、休む暇なく5号が迫っております・・・・

おかげで楽しみにしていたロケが一つ延期となり、突然のお休みが出来てしまった。

とりあえずタックル類の整理を始めたのですが、これが命取りでした・・・・
一瞬にして釣り部屋は足の踏み場もなくなってしまった。

それはさておき北浦戦で活躍したルアーをご紹介しよう。

いつもは1つか?2つくらいがメインとなるのだが、今回は3日間いろいろなルアーが活躍してくれた。

まずは主軸となった2つが5インチスリムヤマセンコー&4インチセンコーの1/32ozジグヘッドワッキー。

ゲーリー

5インチスリムはDeez61Lでフォール&ボトムシェイク!!

4インチセンコーはDeez67Lベイトフィネス2でフォーリングメイン!!プリプラ時は異様な釣れっぷりで、霞水系では最近僕が最も信用できるリグが4インチヤマセンコーのジグヘッドワッキーである。

続いて今回のディフェンダーといった位置だった2つ。

ジグ

BFカバージグ4.5gに3インチシュリンプをプロトDeezの70MMHフュージョンでカバー撃ち!!

そして食わせに反応しないヤツをリアクションで狙ったエッグボール11gに3インチバルキーホグ。これをプロトDeez610MH ZXで!!

最後は2日目の悪天候時に大活躍したハイピッチャー1/2ozを、610MH ZXで!!

ハイピッチャー

といった感じで珍しく複数のルアーをローテーションしながらの展開だった北浦戦。

まだまだ知りきれていない数々のルアーの特徴や使い方。今年はそんなところも勉強していきたい。

REVOネオスDeez

2012-05-05
初公開!!いよいよコイツを語る時が来た。

Deez

実際には昨年のエリート5のプリプラクティスからファーストサンプルが手元に。

映像や紙面でも姿だけは公開していましたが、全貌を語るのは今回が初。

トーナメンターである僕が最も重要視し、高性能でなければ絶対にデッキに並べることもできない、それがスピニングリール!!

以前はスポンサーを大きく無視し、他社のリールを愛用していたのは皆さんもご存じだろう。
しかし昨年のREVOネオスの登場から徐々に実戦投入し始めた。

価格からすればネオスも十分な性能を発揮してくれるのだが、やはり求めるは最高性能!!!!!

ライトラインでビックバスはもはや非常識ではなく、常識。
3ポンド・4ポンドでカバー際や激流から50UPを獲ることは、トーナメントでは当たり前の話であり、この無理難題をクリアーするには人間の技量だけでは不可能で、やはりリールに頼る部分が大きく、スピニングはそれだけ信頼できるモノが必要不可欠となるのだ!

Deez<br />‘><br />はじめはネオスをチューニングしたモノを実戦投入していた。<br /><br />これが意外にというか、想像を遥かに超えたドラグ性能を発揮しており、この時から僕のSKEETERのデッキに他社のリールが並ぶことはなくなった。<br /><br />そしてそのチューニングネオスはネオスDeezへと進化し、今形となってDeezに組み合わされている。<br /><br />詳しい発売時期などは、まだ未定ですが間違いなく今シーズンには投入されます。<br /><br />度重なるテストをクリアーし、完成された性能を皆さんに体感していただきたいですね。<br /><br /><img src=

NEWアイテム

2012-05-02
世間はGW真っ只中ですね。
今年のGW、僕は湖上へは出ずな日々です。

Deez

さて昨年からかなりのプロトタイプ状態のタックルを抱えておりました。
公表していたモノもあればそうでないモノも・・・・

映像などを見てなんだこのロッド??このリールはなんだ??このルアーは??と思っていた方も多いと思いますが、ここにきてかなりのプロト品が完成に近づいてきたので、順にご紹介していきましょう。

まず本日はDeezシリーズのベイトモデル。

Deez

開発期間はかな~~~~り長くなってしまいましたが、いよいよ出来上がりはじめました。

3機種進行しており、ブログ内でも紹介してきましたが、名前も変更になったりもあるのでもう1度。

ファンタジスタDeez610MH ZX

ファンタジスタDeez70MMH Explosion type-F


ファンタジスタDeez70H Explosion

といった3機種のうち、610ZXと70Explosionが完成しております。

食わせ撃ちのExplosion Type-Fはもう少々といった感じ、次のサンプル待ちです。

610ZXはミディアムウエイトバーサタイル!!ワーミングから巻き系まで、すべてをカバーできるスーパーバーサタイルモデル

70Explosionはベビーカバー攻略!!分厚いカバーから強引に引き出す!!パワーカバーゲーム。

トップインフォメーションにこれから行うイベントの予定を記載しており、発売前に触って見てみたいといった方は、イベントで実際に触れてみてください。

次回は初公開、遂にDeezスピニングをご紹介です。

Deez

新作DVD

2012-01-10
昨年の夏にロケを終え、急ピッチで編集作業が進んでいたDVDを今日はご紹介いたします。

舞台は関東のスーパーメジャーレイク高滝ダム(ボート編)と関西のメジャーリバー芦田川(オカッパリ)の2ヵ所でロケを行いました。

今回のDVDは完全ドキュメンタリー!!

2つのフィールドを僕がどのように攻略していくのか??が鮮明に記録されています。

しかも2カメ体制であらゆる角度から僕のアプローチ法をとらえており、攻略していくドラマに加え、しっかりとしたテクニックも学ぶことができます。

Deez Scandal

Deez Scandal

両フィールドともにスーパータフコンディション下で、自分のテクニックフル稼働で惜しむことなく持ち駒を出しました。

Deez Scandal

正直もうすっからかんです・・・・

タイトル名はDeez Scandal

タイトルどうりスキャンダルだらけです!!

Deez Scandal

2月発売予定&大阪フィッシングショー先行販売予定

お楽しみに!!

Deez Scandal

テスト進行中

2011-12-24
テスト

激動のスケジュールの中、着々と進行中のテストサンプ
ル達。

現在進行中のロッドサンプルをザっとご紹介すると。
Deezシリーズ

610MH ミディアムウエイトバーサタイル

 これはその名のとおりミディアムウエイトのルアーをオールラウンドに扱うロッド。
8g前後のテキサスリグやフットボール・ビックワームのネコリグや、ハード系であればスピナーベイトやビックミノー・ディープクランクなどなど。
Deezシリーズでは珍しい角のないオールラウンドである。

70MMH Cross Over

 カバーロッドであり、5g前後のライトテキサスやジグ、ベイトフィネスでは重いがカバーロッドでは扱いにくい。といった歯痒い部分をカバーするロッドで、カバーに潜むプレッシャーフィッシュを軽めのリグで食わせる繊細なティップと掛けてからはカバーからブチ抜くパワーを融合したNEWスタイルロッド。

70H STAMP OUT

 これは完全ヘビー使用のロッドで、ヘビーカバーにブチ込みブチ抜くストロングロッド。MAXを1ozに設定して、5g位までのテキサスも扱える汎用性。ベビーカバーに潜むバスを強引に獲りに行く。これがSTAMP OUT。

とDeezシリーズはこんな感じで進行中ですが、すでに2011トーナメントシーズン中も活躍しておりました。すでに3本共にほぼ完成。
(名前は仮名です)

 一方でここ最近はやはりOUTSIDERにほとんどの時間を費やしてる。
いろいろなフィールドでということで、利根川や亀山ダムなど各地でテスト進行中。

利根川
亀山

70H・75XH・711XXHと3機種ありますが、詳しくは完成してからお話しします。

それ以外にもDeezワークキャップ。

Deez

リールのマル秘テスト。

リール

オフシーズンにやらないといけないことは満載です。

ジョイクロ!

2010-12-30


実は密かに進行しているジョイクロ青木スペシャルカラー!!

まだ完成品ではありませんが、本日初公開。

真冬の時期にも相当数のデカバスを釣らせていただいているこのルアー。

リアル系カラーに関しては、かなりのラインナップがあり、今回僕が求めたカラーは一言でいえば『魅惑』!!

発売以来、衰えをしらないこのルアーの不思議な力を最大限に引き出す魅惑満載なカラーなります。

ちなみに数量限定で某釣具屋さんのみでの発売となります。

お楽しみに!

僕はこれから毎日恒例マイクロ忘年会に参加して参ります。

D-Jig

2010-11-18
今日はメチャメチャ冷え込みましたね~~~
そんな中でヒューマンの授業で湖に浮いていました。

度々お伝えしているYABAIブランド発のスモラバD-JIGのテストをしながらの釣りとなりました。

現在カラーやラバーの太さ・本数など、細かい部分のセッティングを試行錯誤している状況。

しかしながらプロト段階でもよ~~~~釣れます。
D-jig

D-jig

短時間の釣りでしたがD-JIGのみで、ネイティブリミットをあっさりメイク!!

完成に向けて完璧なセッティングにこの冬は励みます。

Deezベイトモデル

2010-01-19
昨日、東京にあるピュアフィッシング本社へ打合せにいってきた。

その内容はDeezのベイトモデル!!

いよいよファーストプロトが上がり、その受け取りと出来上がったサンプルについて話してきた。

Deezベイト

基本はこれから実際に僕がフィールドでテストしていき、ロッド担当I氏に修正をお願いしていく。

今回のベイトモデルは3モデル!!!

まずはカバーモデル!!
これは去年のTOP50第4戦旧吉野川でサイトとカバー撃ちで優勝した際に、カバー撃ちでは誰も手を出さないような超ヘビーカバーで1~2ozのシンカーを使った超ヘビーテキサスでビックフィッシュを引き出していたサンプルロッドを元にDeez版でプロトを出していただいた。
このロッドに求めるものはパワーは当たり前で、1番重視するのはパワーに隠れた繊細さ、いくらパワーがあっても魚がバイトした際にバイトを確実に手元に伝えてくれないと全く意味がなく、特にカバーとラインが接しているこの釣りでは重要な事!!
更には1~2ozを使うような超ヘビーカバーの釣りから霞ヶ浦水系などでの3,5g~5gといったライトテキサスまで対応する幅も求めています。

2つ目はオープンウォーターでのジグやテキサスなど、ある程度ウエイトを持ったワームミング系の釣りに対応する6,7フィートクラスのMHパワーロッド。
特にリグは『コレ』といった専用ではなく、すべてのリグに対応するワームミングロッド。
Deezのフィネス1やフィネス2と同じコンセプトで、扱うリグのウエイトの差だけ。
やはり求めるのは着水点から足元まで、自分の思うがままにリグを操れる操作性とボトムやウィードなどの障害物を確実に感じ取れる感知の能力!!

3つ目は新世界の領域!!
ズバリ!!ベイトフィネス専用。
ライトラインではなかなか手が出せないがルアーは重くしたくないような状況で、スピニングで扱うようなルアーをベイトで飛ばし、更にスピンニングのような繊細なアクションにも対応できる究極モデル。
ワーム系だけでなく小型クランクやシャッド・ミノーのワーム的使い方にも対応するモデル。
このモデルについてはリールの存在が非常に重要で、やはりレボエリートKTFフィネスとの組み合わせが大前提となる。
KTFフィネス

以上3モデルをこの冬でガッツリとテストして、シーズン初めにはリリースできると良いですね。

まぁ、100%納得できないと出しません。

経過はブログでもお知らせしていきます。

Deezベイト

2 / 3123
Back to Top