青木大介 Official homepage

Columnコラム

Archive

その1

2016-08-22

アメリカ帰国後、ピッタリ1ヶ月ほどブログ放置状態でした…

image

っと言うわけでネタは満載です。とても一回では厳しいので、2回に分けてお伝えしようかと思います。

遥か前のような感じがしますが、アメリカからの帰国後、実はそのまま羽田空港から新潟〜仙台とイベントの旅に出ていました。

新潟は上州屋新潟女池店さん。仙台は毎年恒例となっている上州屋新仙台泉店さんでした。

image image

当日はアメリカ帰りだったこともあり、アメリカの話だったり、JBTOP50のトーナメント話などをさせていただきました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました。

 

その後久々に帰宅。お次は亀山ダムに取材で訪れました。今年初でした。

内容は、実はつり人社から発売となっている単行本の第3弾をはじめており、その取材でした。

今回は協力人でのび太くんと同船取材でした。とあるパターンがハマり、爆釣の亀山となりました。

image

 

アメリカからのなぜかのび太くんとはよく会いますw

 

 

続いては、これもまた毎年恒例となっているアピスTVの番組隼魂のロケで、京都日吉ダムに訪れました。

image

image

 

坊主の写真はHAYABUSA社員のすぎちゃんw。危ない日焼けです…

前回はSUGOIアワー時代、たしか5年前かな〜。人生2回目です。

内容はスーパーモンスターを頭に炸裂!!編集作業が終わり次第アップとなりますので、これはかなり楽しみにしていてください。

image

 

 

舞台は変わってルアマガ取材で霞ヶ浦へ。

今回はボートが間に合わず霞のパイセン、ズオシーさんにフェニックスをお借りしての出撃!

image

久々の霞でしたが、またしても炸裂!!50UPを頭にいい釣りできました。

マイケル編集長もビックフィッシュGETでした。

image image

ライジャケも爆発しましたが何かw

image

 

 

夏休み前の最終ロケ地は家からすぐの西湖!!

ここでの取材もつり人社からの単行本の取材でした。

スポーニングも終了し、サマーな西湖でしたが、BAITと今月のBasserでご覧いただいているような状況ではなく、非常にタフな感じでしたが、とあるキッカケで爆釣モードへ。

image image

単行本はまだまだ取材を重ねて、来年発売予定となっております。

 

そんな感じでアメリカトリップ後も怒涛の日々を乗り越え、久々の夏休みとさせていただきましたw

続きはお次で!

アメリカの旅

2016-07-21

飛行機で飛びまくりの日々を送っております。

TOP50七色ダム戦を終えた翌日から飛行機で羽田入りし、岡山へ。

DEEZ SCANDAL 6の舞台は千葉県豊英ダムに続き、岡山県倉敷川での陸っぱりロケ‼︎TOP50明けの体にムチを打ち、歩きまわりました!

初めて訪れた倉敷川。今回はカナモの紹介でロコアングラーの和田くんが1日案内をしてくれた。和田くんはスーパー倉敷ロコで的確なアドバイスをくれ、お陰でロケは予定より早く終了することができた。

image image

和田くんthank you。

バスは多いが、かなりハイプレッシャーな印象を受けた倉敷川。

釣ったバスも高確率で釣られた傷がついていた。

しかしそこは職業バスプロという事で、いろいろ工夫してなんとか倉敷モンスターも捕獲!

ロケの途中にはDEEZ SCANDAL 1で案内をしてくれたヒデくんがわざわざ顔を出しに来てくれたりもした。

image

そんなSCANDAL6は来年発売予定!先ずは近々発売されるDEEZ SCANDAL 5 芦ノ湖&大江川を観てください。

 

岡山でのロケを終え、再び羽田に戻り今度はそのままアメリカへ!

サンフランシスコ経由でフロリダオーランドに飛び、日本で言うフィッシングショーのアメリカ版、ICASTに初めて参加。

image image

今回は僕のスポンサーであるハヤブサ社の歯朶社長のご好意でハヤブサブース内にDSTYLEルアーを展示させていただいた。

本当に貴重な体験をさせていただき、社長には心から感謝です。

image

本当にありがとうございました。

 

 ICAST翌日はフロリダのバスプロショップスに立ち寄りお買い物。

image image

その後、再び飛行機でフロリダから今度はサンディエゴに移動‼︎

目的は自身初のアメリカでのバスフィッシング!

現地ではDSTYLEプロスタッフにっしーからの紹介で、現地在住のアンディーにボートから何からお世話になった。

image

アンディーには3日間毎日別の湖を案内してもらいました。

湖をざっくりと案内してもらいながら、自分でエレキを踏み、実際にパターンを探していった。

image image

今回の旅はすべてを撮影しているので、また何かの形でご覧いただけると思います。

日本には日本のバスフィッシングがあるように、アメリカにはアメリカのバスフィッシングがある!

image image

まだまだいろいろな事を試してみたかったが、それでも3日間思いっきり釣りさせてもらえた。

最高のサポートをしてくれたアンディーには感謝してもしきれないくらいお世話になった。釣り以外にも僅かな時間を使って観光スポットや、ローカルショップなどにも連れて行ってくれたし、彼女のユミさんには、夜ご飯までご馳走になってしまった。

image image image image

睡眠時間も相当削って自分たちに付き合ってくれたアンディーと、美味しいご飯を用意してくれたユミさんに心から感謝です。本当にありがとう!

そんなこんなで、いろいろな人にお世話になりながら成立した今回のアメリカの旅。実はこれを書いている現在はサンディエゴからサンフランシスコに移動し、これから羽田に戻る空港で書いている。

羽田に戻ったら、再び車で新潟〜仙台とイベントが連発する。

飛行機で長時間移動なので、機内でゆっくり休もうと思います。

旅に同行してくれたDSTYLE US tripチームお疲れ様でした。

image image

 

週末は新潟&仙台の上州屋さんイベントでお待ちしております。

 imageimage

 

 

TOP50第3戦 七色ダム

2016-07-16

トーナメントが終了し、約一週間が経過しました。

トーナメント後もバタバタのスケジュールで、これを書いている現在はアメリカはフロリダにいます。

 image

 

TOP50七色ダム戦ですが結果的に最終順位を2位で終えました。

優勝は圧倒的な強さであった小森プロ。初日の7キロ超えにはじまり、2日目からも安定したウエイトでぶっちぎりでした。

自分は3日間ともに4キロを超え、安定したウエイトを持ち込みましたが小森さんには届かずの準優勝となりました。

安定したように見える3日間のウエイトですが、内容は毎日難しいものでした。

メインに考えたのは北山川・西ノ川のバックウォーター周辺で、サンドバーなどのフラット上でフーラ2.5インチを使ったDSでのキーパーパターンと、回遊しているビックバスをサイトで仕留めるパターン。釣り方はシェイクシャッド3インチのテールをカットし、虫チューンしたモノでの提灯釣り。その他にもD-SPIKERや小型クランクを使った特殊サイトも用意していた。

 

初日

フライト順は11番とまずまずのスタートで会場周辺で見つけていた魚をまずは狙うことに、シェイクシャッド3インチを使った7gのDSでサクサクっと3本のナイスサイズをキープし、西ノ川へ。サイトで魚を探しながら、フーラのDSでリミットを揃へ、ビックフィッシュを提灯釣りで数回食わせるも、この時点では具が虫系ルアーで全くフッキングしないという現象が多発…  そこからシェイクシャッド3インチの虫チューンに変更すると一気にフッキング率が100%に!!一発ビックフィッシュをスタンプに巻かれ切られてしまったが、キッカーとなる魚を仕留めることに成功。

初日は4390gで5位スタート。

 image

 

2日目

朝から強烈な雨の中で始まった。サイトは完全に封印されてしまったので、まずはフーラを使ったDSのブラインドでキーパーを3つキープ。続いて雨の濁りが入ってきたタイミングでD-SPIKER3/8ozに変更し、濁り中を攻め1発キロアップをライブウェルへ。しかし、その後は厳しい時間が続き、ラストは北山川上流へ。残り1時間で岸際に見えたキッカーフィッシュを提灯釣りで仕留め、この日は終了。

2日目は4300gで単日トップ。

2日間の予選は2位で通過となった。

 image

3日目

この日は晴天無風のコンディション。朝からサイトフィッシング全開での展開。しかし朝イチの西ノ川はなかなかバスを食わせられない状況が続いた。10時頃まで2本のギリキーパーをフーラで、1本の800クラスを提灯釣りで釣り3本で西ノ川を後にし、北山川上流へ。苦戦は続いたが11時半頃から魚がシェードへ入り始め、そのタイミングでサイトでの提灯釣りラッシュ!!1本のキッカーフィッシュと2本の800クラスを仕留め2匹のギリキーパーを入替え帰着。

3日目は4010gで4位。

3日間の最終総合成績は2位で七色戦を終えた。

image

 

image

開幕戦から2試合厳しい戦いが続いていたが、年間13位の崖っぷち状態で迎えた七戦で、優勝こそ逃したものの、年間レースは上位のポイント差はあるが、最後尾でなんとか踏みとどまっている感じの5位だ。

残り2試合。ワールドチャンプ2連覇に向けて全開で戦っていきます。2試合あれば追い越すには十分だ!!

引き続き応援よろしくお願いいたします。

詳しいタックル情報はこちら

 http://www.jbnbc.jp/_JB2016/view_result.php?t_id=10030&page=pattern

image

 

 

七色ダムプリプラクティス

2016-06-25

スケジュールの都合上、今回のプリプラクティスは4日間と自分としては短めな日程での行った。

image

それでも七色ダムは過去2回のTOP50戦を戦っているので、地形やフィールドの癖などの大まかな情報は頭に入っている。

季節的にスポーニング後半からアフター回復も存在するコンディションであり、とにかく多くの魚を目視する事ができた。

image image

なかにはロクマルクラスも数多く泳いでおり、キーパーパターンからキッカーパターンまで様々なサイズの魚をしっかり狙い分けていく事も、今回の試合は重要になってくる。

果たして2週間後にどのくらいの季節進行による状況変化が起こってくるのか?

再び2週間後に見極め、挑みたいと思います。

第3戦七色ダムが今年の大一番になる事は間違いない。

良くも悪くもこの試合の成績で年間レースには入れるかどうかが決まる!!

なんとか今の不調を打破したい!

 

七色ダムでのプリプラを終えて、すぐに山梨県に戻り、翌日の早朝には西湖でバスフィッシング動画サイトBAITのの僕の番組リミットメイクのロケを行っていた。

image image

約1年ぶりの西湖でしたが、とんでもない釣りをすることができました。

詳しくはBAIT動画サイトの番組リミットメイクにて。

 

そして明日はイベント!

image

キャスティング南柏店さんで行われるバスフェスタにDSTYLEブースを出展させていただきます。イベント限定グッツの販売や新製品の展示をします。

当日は多くのメーカー様や、豪華ゲストのトークショーなども行われますので、是非足を運んでみてください。

それでは明日キャスティング南柏店さんにてお会いしましょう。

 

 

 

琵琶湖&河口湖釣り祭

2016-06-16

image

TOP50野村ダム戦後はそのままの流れで琵琶湖にINしていた。

目的はピュアフィッシングジャパンのNEWアイテムであるREVO LTX-BF8・SLC-IB7&8の全世界共通のPV撮影だった。

 

僕以外にも琵琶湖ガイドの国保さん(http://s.ameblo.jp/makoto-kokubo/)・藤波さん(http://ameblo.jp/nagara73/)・今若くん(http://ameblo.jp/abc-3-1002/)に協力してもらっての撮影となりました。

image

アメリカの撮影スタッフがわざわざ日本に来てのロケ!かなり拘った要求も多々あり、熱の入ったカッコイイPVになると思いますので、お楽しみに!

因みにこのときに使用したバスボートが僕の新しい相棒SKEETER FX21。

image image

今回のロケの為だけにラッピングを施した一度きりの仕様でした。

まだリギングが完璧に終わっていないので、正式に納艇となるのは月末になるかなぁ!乗り心地も最高でした。

 

琵琶湖後は河口湖に戻って全国横断チャリティー釣り祭に参加してきました。

image

今回はコスプレ大会も同時開催されており、釣りとコスプレ異色のコラボレーションで絶妙な雰囲気を醸し出しておりました‼︎

当日の模様は釣りビジョンさんで番組として放送されますのでご覧になってみてください。

image image

 

そして昨日まで再び琵琶湖に舞い戻っていました。

目的は僕が使っていたSKEETER20iをDSTYLEスタッフのにっしーが引き継いでくれることになり、引き渡しついでに釣りもしてきました。

image image image

 

琵琶湖はやはりトルスト5.8でのネコリグは本当に最強‼︎5.8インチはベイトフィネスで、4.8インチはスピニング!

ビックバスからレギュラーサイズまでスカボコです!

SKEETER20iは、これから活躍の場を琵琶湖に移して、にっしーとガイドゲストさんを楽しませてくれるでしょう。

にっし〜ガイド

 https://wfg.jp/public/guide/guide_detail.php?guide_id=59

翌日は加賀見さんに乗せてもらって琵琶湖に出撃!昼飯はミックバスクラブのカズタカくんと3人でゆったりたつミート焼肉でした。

image image image

会長いろいろとありがとうございました〜

さて週末は河口湖Aシリーズを戦って、翌日から七色ダムのプリプラクティスに入ります。

最後に受注生産であったDSTYLEフックピンですが、ウェブ上でも受付をするようなので是非‼︎シルバーですよ〜

image image

TOP50第2戦 野村ダム

2016-06-11

先週末に行われたTOP50第2戦!舞台は愛媛県野村ダム。

プリプラクティス時の状況としては、スポーニングは後半に突入。基本的にアフターの魚が各バックウォーターやインレットに差し込んでいる感が強かった。

水質は田んぼの代掻きと上流域の工事による濁りで、かなりのマッディーウォーターであった。

そして前日プラクティスでも状況は差ほど変化しておらず、濁りも少しマシになった感はあったが、まだまだカフェオレ色。

バスの状況もバックウォーターとインレット系のパターンが強く、勝負になりそうなビックフィッシュの手応えとしては2本のバックウォーターが圧倒的に魚影もサイズも良く、稲生川は規模が小さく、水質もクリアだったため、プレッシャーで潰れそうな気配が強かったが、肱川はマッディーで広さも多少あることから、肱川バックウォーターで勝負と決めていた。

それ以外には下流域でのパターンもいくつか機能していた。

逆にそれ以外のスポットはなかなかタイミングが合わせにくい印象であった。

 

1日目

2016TOP5尾第2戦 2

フライト順は32番とバックウォーターメインで考えていた自分にはかなりつらい順番・・・・

しかし意外に肱川方面へ上がっていく船は少ない。それでもスーパーメインの最上流に入るのは厳しい。手前から釣り上がる戦略で、まずは上流手前の小規模インレットを虫で攻め、1本目のナイスサイズをサクッと捕獲。

そのまま上流域へ侵入し、空いてるスポットをウロウロしながら攻めていくとポロポロと釣れて8時半くらいに初日のウエイトとなっていた。

もう一本入替えたら移動だなぁ~ なんて思っていた時に再びキッカーサイズがHIT。しかしランディング寸前でフックアウト・・・・

ここからが地獄の始まりであった!!

その後バイトが遠のき、他のエリアも見ておきたかったので移動していくが全く反応なし。

結局、肱川上流に戻るも魚を追加できず終了。

2016TOP50第2戦 3

初日は3905gで6位スタート。

 

2日目

この日は19番スタートで前日よりも早いスタートであったが、なんと昨日の倍の選手が上流へ。

自分は狙っていた場所へ上がるタイミングを見失い。初日に釣ったスポットはキャストもできなかった・・・・

2016TOP50第2戦 4

これが試合・・・・  動くタイミングを一瞬でも躊躇するとすべてが狂う!

なくなく下流の釣りへシフトし、早々にビックフィッシュを掛けるもジャンプ一発でバラシ・・・・・・

ありえない・・・・ 気持ちが完全にブッ飛びそうなくらいのイラつき感が2時間は続いた!!

その後は2本のギリギリキーパーのみ。

2日目は2本488gで51位。

予選2日間の成績は25位でなんとか予選は通過。重量に戻した順位で最終日は19位からのスタートとなった。

 

3日目

2016TOP50第2戦 5

全く手がない状況。まずは肱川上流に上がってはみるものの、やはり反応もなく、前日の雨で濁りも増していた。

上流を見切って最下流へ。ここからはランガンが続いていくが、何も見えてこない・・・・

この日もギリギリキーパー2匹がライブウェルに居るのみ。

そんな状態で入った人気小規模インレット。何人もの選手が入ったであろう場所だがインレット最奥にバスが見えた。これを狙っていると背後からも、極たまにではあるがバスが入ってくる。しかしこちらの存在は、はなっから知っているといった感じ。それでもその時の自分にはそこにしか可能性を見いだせなかった。

こいつらを釣るしかない。

ゴミだまりにボートを突っ込み、バスの回遊を待つ釣り。自分のスタイルではトーナメント中は全くやることのないスタイル。

そして2時間ワンスポットで数回のチャンスの中で2バイト。そして1本のビックフィッシュを仕留めることに成功した。

3日目は3本2146gで9位。

最終総合成績は15位でフィニッシュとなった。

開幕戦から厳しい戦いが続いている。早明浦ダムではパターンを見失い模索しながらの3日間であったが、今回に関してはそれなりに魚の位置や状況判断ができていただけに自分の2つの大きなミスと、動き方の判断の過ちで順位を落としてしまったのは明白・・・・

次戦の第3戦は七色ダム!!

年間暫定総合は13位。

かなり厳しい位置に置かれているが、次戦がすべてのカギを握るのは間違いない!!

最低でも5位以内で終わることが条件である。

2016TOP50第2戦 7

 

 

 

愛媛に戻ってきた

2016-05-31

野村ダムでのプリプラ後は飛び回りまくっていました。

プリプラクティス後は九州に渡り、加来さんのDSTYLE号を拝借して栗ちゃんやDSTYLEスタッフの梶原くんとフィッシング!!

遠賀川の上流エリアと下流エリアを2日間やりました。

image image

上流エリアは相変わらずポテンシャルが高く、下流エリアは厳しかったものの、梶原くんの釣りへの情熱とセンスの高さを確信しました。今後きっと大物に育ってくれるでしょう!今はとにかく楽しく釣りを続けていってほしいです。

image

 

日曜日にはキャスティングさんのオカッパリイベントで遠賀川に。

光大郎さん・カナモ・岡くん・ダウザー・撃と豪華ゲストでの大会となりました。

 image image

 

その後も間髪入れず遠賀川でルアマガさんのロケ!!

巻物を中心に炸裂しました!!こちらの模様は来月発売のルアマガにて。

image image

そしてルアマガさんでは今月より僕の連載「俺の職業バスプロ」がスタートしました。

釣りの内容以外のネタなどもアップしていきますので毎月楽しみにしていてください。

image

 

 

ルアマガロケ後、遠賀川を後にして琵琶湖へ。

琵琶湖では釣りではなく、ジャッカルロッジへお邪魔して小野さんと取材でした。もちろん共同開発のあのルアーです。

image

早くお見せしたいですがまだ無理です。でも釣れまくっています!!!

水槽のバスたちはそのルアーを知っていますw

次号のルアマガさんで見れ……    る??  お楽しみに〜

 

そしてまたまた移動してラストは霞ヶ浦水系へ。

配信が始まったばかりのBAITでの僕の番組「リミットメイク」のロケでした。

この番組はBAITのホームページにて期間限定無料でご覧いただけますので、是非ご覧になってください。

 

バタバタと忙しいなかでもクワガタ獲ったり楽しい時間も多いですw

ヒラタ捕獲はアドレナリン出まくります!

image

 

これを書いている現在は再び愛媛に戻ってきております。

そう!TOP50第2戦野村ダムです。

明日から2日間が公式直前プラクティスで、金曜日から本戦が始まります!

どういった展開となるのかは全く読めませんが開幕戦の出遅れをここで取り戻したいと思います。

全力で戦ってきます!

野村ダムプリプラクティス

2016-05-19

愛媛県に滞在して早くも一週間が経過、今日で6日間のプリプラクティスを終えました。

TOP50第2戦の舞台は愛媛県野村ダム。このフィールドは過去に数回訪れた事があり、TOP50戦も一度行われている。

image

前回来たのはSUGOIアワーの撮影で訪れた記憶があり、おそらく4年前。

地形などの記憶も曖昧であり、小規模なフィールドなので、全てのバンク沿いを流し、地形的変化などを重点的に頭とGPSに叩き込んだ。

image

トーナメント本戦は2週間後。魚の季節感とフィールドのコンディションがどう変化してくるか?再び2週間後に訪れます。

image image

image image

アジ釣りもしてしまったのは内緒ですw

image

 

これを書いている現在は愛媛から大分に向かうフェリーの中です。

image

と言うのも日曜日(22日)に遠賀川にて行われるオカッパリイベントに参加するために現在移動中。

陸路で向かうと500キロ近く、フェリーで大分まで行けば200キロくらいで済むので楽しました。

19時くらいには福岡に着けそうです。

かなりの豪華メンツでのイベントとなっていますので、ぜひ日曜日は遠賀川でお会いしましょう!!

 基本 RGB

明日、明後日は色々とテストしたいモノがたくさんあるので、休まずフィールドに出ようと思います。

最後にちと宣伝。テレ朝動画のBAITにて僕の新番組がいよいよスタートとなりました。

番組名は『LIMIT MAKE』‼︎

無料でもご覧になれますので、こちらもよろしくお願いします。

ではでは〜

国内&海外

2016-05-11

開幕戦終了後からブログ放置状態でした。取材にロケにフィッシングショー関係など、バタバタしております…

フィッシングショー関係としては、仙台で行われたルアーフェスタ!これは今年もDSTYLEブースを出展させていただきました。

image

ブースに立ち寄ってくれた皆様ありがとうございました。

果たして馬場ちゃんの恋は実るか?w

image

 

 

海外でのフィッシングショーにも参加してきました。タイで行われたフィッシングショーで、こちらでもDSTYLEブース出展とトークショーを開催させていただきました。

image

image

image

そして日本でのベイトフィネスが流行りということで、タイの管理釣り場でバラマンディーをメインに狙ってきました。

簡単な状況ではトップなどでイージーに釣れるのですが、そういったイージーな状況というのは少なく、プレッシャーの掛かった魚を相手にする場合が多いようで、日本のフィネスフィッシグがそういった状況下では有効な手段になっており、釣果に差が出ることも体験してきました。

image image

事実、D1やフーラを使ったリアクションダウンショットが誰も釣れていないポンドで入れ食い状態となりました。

まだ様々な釣り方の可能性を感じますね。

またタイには釣りに行きたいですね。

 

 

国内での釣りは、いよいよシックスとなったDEEZ SCANDALのロケを千葉のニューフィールド豊英ダムにて行ってきました。

 image

爆釣したことは言うまでもないでしょう!

ファイブも出てないけどw  シックスもヤバイぜ‼︎

 

 

久々にV6マリンのトーナメントにも参加してきました。

image

今回は青木大介カップということで各スポンサー様に協賛をいただき、大盛り上がりで終えることができました。

協賛してくれたメーカー様・参加してくれた皆様・社長をはじめV6マリンスタッフや関係者の皆様、楽しい大会をありがとうございました。

image

image

image

 

 

これを書いてる現在も海外に来ております。

カエルの唐揚げを食してバスの気持ちを確認しましたw

image

今日には帰国して、第2戦の舞台である愛媛県野村ダムにプリプラに向かいます。

 

そーいえばニッシーも河口湖に遊びに来たなぁ〜  会長と一緒に!

今の僕のSKEETER20iはニッシーが琵琶湖で乗ってくれることになりました。

ゲキ荒れの河口湖でザックリ波に刺さってズブ濡れにされましたが…

僕の船に乗ってみたい方は是非ニッシーのガイドへ‼︎

image image

 

 

開幕戦終了

2016-04-11

2016TOP50開幕戦が終了しました。

最終総合成績は22位。

昨年に引き続き、今年も開幕戦から大きく出遅れる形となってしまった。

今回の早明浦ダム戦はプリプラクティスからなかなか魚とリンクできずにいた。そして迎えた前日2日間のプラクティスでも感触は悪く、前々日はそこそこ魚に触れたものの、前日プラはノーフィッシュ…。当日の戦略が全く決定しないままトーナメント当日を迎えることとなった。

そしてもがき苦しみながらも必死に魚を追い求めた3日間であった。

image

初日は10:30頃に魚の動きを一瞬捉え、これか!!っとランガンしていくも反応は薄く、3本2966gで20位スタート。

2日目も全くノー感じな時間が続き、キーパーかつかつ1本の状態で時刻は13:30を過ぎた状況で、風が吹きつける岬の周辺で2連発。

image

しかしウエイトは3本でも2キロない状態…  正直予選落ちを覚悟したが23位で予選は通過。

3日目も迷走状態は続く。この日は帰着30分前の12:30まで ノーフィッシュ…

移動も考えると後数分…   そんな時間帯で天才見えバスに最後の勝負を挑み1800gを仕留め急いで帰着。

image

最終成績は22位でフィニッシュとなった。

応援していただいている皆様におこたえすることはできませんでしたが、この位置から連覇を狙っていきます。余裕で諦めていません!!

毎回うまくはいかないのもまたトーナメントですが、こういった時こそ自分が試され、成長できるタイミングだと思います。

次戦は6月に愛媛県野村ダムでの第2戦となります。

再び集中して挑み、開幕戦の借りを返そうと思います。

皆様、今シーズンも応援よろしくお願いいたします。

最後に今回数少ないチャンスを作ってくれたルアー!

image

 

そして今大会で多大なご協力をしていただいた愛媛チャプターのスタッフの皆様には本当に心から感謝です。

ありがとうございました。

 

さて明日からは再びロケの旅に出てきます!!


Back to Top