青木大介 Official homepage

Columnコラム

トップページ コラム トーナメント

Archive

いよいよ第4戦

2013-08-26
オフリミット期間は前半イベント、後半は打合せとトーナメントといったスケジュールでしたが、休む時間も取れ、桧原湖戦に向けて十分充電ができた。

おまけで昨日行われたイースタン河口湖Aシリーズで久々の5位入賞のお立ち台だった。

パターンはハワイ沖の6メーターラインに生えるウィードにダウンショットをスタックさせ、わざと強めに外すリアクションでの釣りでした。

なかなかプラクティスの時間も取れなく、ガイドも現在休業中の為、河口湖に浮く時間は極端に少なくなっており、1番苦手な湖と化していますがローカルシリーズに参戦することで勉強になることも多いので、残り1戦も全力でいこうと思う。

河口湖

とは言っても本命はTOP50!!

いよいよ明日には桧原湖に向け出発予定。

オフリミットの間に変化しているのかどうか?
前日2日間で探り、本戦に挑みます。

もちろん今回もカメラが同船。
今年は全戦カメラが一部始終を収めている。

どんな展開が待っているのか想像もつかないが、フルパワーで挑んできます!!!!!

桧原湖プリプラ終了

2013-08-16
桧原湖<br />‘><br /><br />昨日で8日間のプリプラクティス日程をすべて消化。<br />ロケやテストも入れながらのプラクティスだったが、やりたいことはすべて終えることが出来た。<br /><br />本戦は2週間後だがプリプラ時の桧原湖は、前半は梅雨か??といった感じの天候が続いていたが、後半は一気に夏に移行!!<br /><br />っといった具合でプリプラ終了時でようやく夏が来たような状況で、正直2週間後はどうなっているのか読めないね。<br /><br />まぁ、それは毎回のことなので前日の2日間で見極めよう。<br /><br /><img src=

去年よりもさらに巨大化しているのでウイニングウエイトの読みも大事である。

現在開発中のプロトロッドのテストの為、開発の飯高氏も同船。

桧原湖

スピニング2機種をテスト中だが、タイミングがきたら詳しい内容をお伝えしたいと思う。
いよいよフィネス・・・・も?w

さらに新たなピュアフィッシングの社員となった安川さんも初同船。

桧原湖

こういった湖上での話し合いは非常に重要である。

実際に見て感じるのが1番!!

そんなプリプラでしたが、決戦は2週間後に!!!!!

明日から2日間はトークライブです。

上州屋トークライブ

桧原湖入り

2013-08-07
第4戦桧原湖のプリプラクティスの為、本日の夕方に桧原入りしました。

桧原湖

夏休みなのか?こたかもりキャンプ場には車がいっぱい止まっていた。

北浦戦以来、完全に放置していたSKEETERをまずは掃除し、その後タックルを桧原仕様にセットした。

タックル

バニッシュウルトラでは2.5lbがスモールマウスではメインだったが、レボリューションはワンランクポンド数を下げて、2lbで挑もうと思う。

飛距離やリグの操作のしやすさが目的で、強くなったからできるアドバンテージだろう。

さて明日から8日間の日程で浮きます。


プリプラ後は週末までこちらに滞在。

17日・18日とイベントを開催します。

プリプラ後なので桧原湖の話も多くできると思います。

詳しくはこちらを

上州屋

遅くなりました。

2013-07-30
相変わらずあちへこっちへ状態です。
まずはTOP50北浦水系戦のご報告からですね。

今回プリプラクティスから前日プラクティスまで非常にコンスタントに魚に触ることが出来ていた。
しかし最大の難点としてサイズがイマイチだったこと。

どう足掻いてもマックスで4500g。
だが確実にリミットメイクできる自信はあった!!

3日間と考えると十分勝てる可能性は高かった。

しかし大会初日は強風によるまさかのキャンセル・・・・

北浦<br />‘><br /><br />爆発力に欠ける自分のパターンは3日間の安定感勝負だった。<br />初日がキャンセルになったことで、確実に勝負に出ないと優勝はなかった。<br /><br />試合は2日間の予選なしとなった。<br /><br />初日。<br />相変わらず風は残っており、自分のメインパターンであるアシ撃ちでは、メインスポットが完全に風で死んでいた。<br /><br />仕方なく風裏を打ち込んで3本獲り、プラクティスの手ごたえのある釣りを実行しつつ、勝負に出ていくがビックは出ず。<br /><br />5本2626g 20位という最高に中途半端な位置でスタート。<br />2日試合では、既に致命的ダメージであった。<br /><br />最終日、やることは最大限に順位を上げるだけ!!<br /><br />この日は朝から風がなく、メインとしていたシャローのアシパターンが炸裂し、朝からラッシュ。<br /><br />その後リップラップパターンで追加。<br /><br />単日5位 3930g。<br /><br /><img src=

最終結果は8位。

気になる年間ポイントランキングは9位で、トップとは32ポイント差。

32ポイント差はワールドチャンピオン獲得は、正直楽ではない数字だ。

だが、残り2戦。
前回終了後も言ったが、第2戦終了時より更にやれると思っている!!!!!

あと2戦、気持ちを最高潮に保ってワールドチャンプ獲りにいきます。

引き続き応援よろしくお願いいたします。


話は変わりTOP50後は遠征続きで、トーナメント後すぐに合川ダムにロケに向かいました。

3日間のロケを終え、4日目はなぜか同行していた師匠と釣り。

師匠

合川ダム<br />‘><br /><br />今回もいい感じのチームワークでロケが行えました。<br /><br />その後は池原ダムへ移動。<br />1日はプライベートで釣り。<br /><br /><img src=

池原は僕も経験値が少なく、特徴的なビックリザーバーの勉強という意味で浮いた。

次の日はアピスTV『ハヤブサ魂』のロケ。
アップされる日が決まり次第お伝えするが、正直かなりタフな状況下をトップウォーターで攻略した。

ご期待ください

池原

池原ではホワイトリバー・カーブの店の社長に本当にお世話になった。

毎晩おいしい晩御飯をご馳走になり、最高に快適な釣りをさせていただいた。

本当にありがとうございました。


そして明日は霞水系ロケ。
その後は檜原湖プリプラクティスと続きます。

日本中を駆け巡るバスプロからのレポートでしたw

プリプラからの

2013-07-10
北浦水系プリプラクティスを1週間こなし、その後も休む暇なく怒涛のスケジュールでブログ更新も遅れてしまいました。

さて北浦のプリプラクティスですが、感触はどうかというと、正直この水系でプリプラクティス時点で良し悪しは判断しにくいですね。

しかしプリプラで出来る範囲での、最善を尽くした本戦への準備は行えた。

釣れたか釣れなかったで言えば普通かな?

数は釣れたが、デカいのはなかなか出なかった感じ。

久々に同船した師匠はバックシートからイイ魚抜いてましたが。

師匠

とりあえずは前日前々日のプラでアジャストです。

北浦<br />‘><br />さてプリプラ後もイベントや取材・ロケと飛びまくり・・・・<br /><br />何が何だかわからん感じでしたが、イベントも多くのお客様にお越しいただき、ロケは青木虫がとにかく炸裂したので、楽しい日々を過ごすことが出来ました。<br /><br />そんな怒涛の日々の中で新商品が着弾していましたね。<br /><br />YABAIブランドの師匠ルアーの作品GEEK PROPに、ゲーリーワーム人気のラミネートカラーシリーズの追加モデル。<br /><br /><img src=

#363はノーマルのゲーリー素材で、#341/000Nは341が塩入で000Nはノンソルです。

動きの質が違いますので、また詳しく説明したいと思います。

2日前の高滝ロケではラミネートディトレを食いマクリでした。


スーパー怒涛が過ぎ去ったので、現在はトーナメント前に避暑地で2・3日休養中です。

ではでは。

完敗

2013-06-11
遠賀川
手も足も出なかった・・・・
TOP50第2戦遠賀川を終えて2日が経ちましたが、これが今回の感想です。

トーナメントを終えて思うことは、いろいろありますが、言い訳にしかならないのであえて今回は書きません。

1つ書くとすれば、圧倒的なスコアで優勝された沢村さんの凄さです!!

あの狭くスーパーハイプレッシャーな遠賀川で、あそこまで圧倒的なスコアで勝てるパターンがあったとは・・・・

昔から尊敬していますが、今回の勝ちは本当にカッコよかったし、なによりあの状況下でスーパーパターンがあると証明してくれたことで、最高の刺激をいただきました!!!!!

負けた時にしか味わえない悔しさを噛みしめて、ステップアップに繋げていこうと思います。

第2戦を終えた時点で年間暫定順位16位。
正直、楽ではない位置だが十分捲り上げられると思っている。

まずは次戦を全力で戦います。

最後に会場に応援に来てくださったファンの皆様に感謝すると共に、同じく会場に来てくれたファミリーの大石さん・杉山さん・吉海さん、ありがとうございました。

ゲリファ

次回は一緒に釣りしましょう。!!


そして今回1番お世話になったキャスティング黒崎店さんとスタッフの栗原くん。

栗原くん

かなり釣りバカでフィールドに出ている時間が半端ないので、確実なアドバイスをしてくれる。是非お店で話しかけてみてください。

そして写真を撮り忘れてしまったがボートをオフリミット期間預かってくれた加来さんにも感謝です。ありがとうございました。

時間みつけて遠賀に勉強しに行きますので、九州の皆さんその時はよろしくお願いいたします。

明日出発

2013-06-02
プリプラを終えたと思っていたら、もう本戦です。
明日再び九州へ向かいます。

1日かけて安全運転で1000キロだ。

いろいろ考えながら行けば、あっという間・・・・
じゃないけどね!!

明後日は1日現地で準備し、水曜日から前日プラクティスとなります。

さて今月発売のルアマガさんの付録が僕のDVDとなっております。

DVD

『青木虫の真実』というタイトルですが、本当の真実は1ヶ月後に・・・・

まずはDVDを参考にしてみてください。

そして、こんなスペシャルカラーも発売となります。

ホローベリー

ホローベリー青木スペシャルカラー!!

ホローベリーとの出会いはプロトの段階。
春の山中湖ガイドで2ヶ月連続毎日5本5キロオーバーを達成した記憶が強い。

やばい日は40UPがひたすら入食いだった日もあった。

FINAのネイルフロートと組み合わせた表層パターンはいまだに健在!!

如何にリアル感を出せるかがこのワームのキモ。

今回のカラーはそこに拘った。

キャスティングさんのみの限定販売となっているようです。


さぁ、ターニングポイントとなりそうな第2戦遠賀川。
全力で挑んできます!

週明けから九州プリプラ

2013-05-11
GWに行われた上州屋新仙台泉店さんでのイベントは、多くの皆様に足を運んでいただき、ありがとうございました。

GWは比較的のんびり過ごすことが出来、体力も回復。

GW明けは霞水系でSUGOIロケでしたが、GW前半のイージーなイメージで挑んだのが失敗・・・・
状況は変わり気難しいミッドスポーン状態でした。

続けてFINAフックのテストでも出船。

イケメン社員伊藤さんと1日テスト。
詳しい内容はまだシークレットですが青木フック作ってます。

伊藤さん


そして昨日今日で準備を済ませ、明日1日かけて九州へ移動します。

第2戦遠賀川のプリプラです。
少し早目の出発なのですが、今回はプリプラ後に韓国へ飛ぶ予定があり、少し早くプラを終えなくてはならないので、早めのプラクティス日程となっている。

そして週末の土日は九州のショップさんでイベントも予定されていますので、お時間のある方は是非足を運んでみてください。(詳しい内容はインフォメーションで)

さて、安全運転で明日はのんびりロングドライブです。

開幕戦終了

2013-04-24
早明浦

2013年TOP50第1戦が終了した。
最終順位は7位。

変化の激しい春だけあって、めまぐるしく変化していく状況下での試合となった。

自分のメインはシャローに差した魚。

早明浦

しかし今大会本番では寒波の到来によって水温は日に日に低下し、狙いの魚は消える一方の展開となった。

初日は冷えはじめで少しのアジャストで対応でき、トップウエイト。
2日目もバイトは少ないながら、わずかに差し込んできた魚で何とか踏みとどまり、暫定で3位。
しかし最終日は猛烈な冷え込みで魚は消え、総合7位まで落ち込んでフィニッシュとなった。

悔しいのは初日2400gのビックと2日目の2500gのビックフィッシュ2本を活かすことが出来なかったこと。
ビックフィッシュ賞は初めて獲得できたが、正直うれしくない!!

俺はデカバスを釣るためにトーナメントを戦っているわけではなく、勝つために戦っている。
だからこそ2本のビックバスを仕留めながらも勝つことが出来なかった今回は悔しさ以外何もないのだ。

ビックフィッシュ賞を獲得できる魚を釣ったならば、そのアドバンテージは勝つチャンスであり、今回はそれを無駄にしたことが悔やまれる。
激しく変動するフィールドコンディションの最先端を掴む力を磨いていかなければいけない。

今回得た反省点をこれからに活かしていこうと思う。

優勝した澳原くん本当におめでとう&前日プラクティスの貴重な時間を削って僕のボートトラブルの修理に付き合ってくれてありがとう。

さて詳しい釣り方などを紹介していきたいところですが、今シーズンの僕のTOP50トーナメントトレイル全戦にカメラが同船し、釣り人社さんから発売となっているSERIOUSでDVDとなりますので、すべてはDVDで。

早明浦<br />‘><br /><br />今回の早明浦戦も完全密着しております!!<br /><br />さぁ、次戦は九州は福岡県遠賀川。<br />まずはGW明けから全力でプラクティスです。<br /><br /><br />初日ビックフィッシュ<br /><img src=
タックル<br />‘><br />タックル<br />ロッド:ファンタジスタDeez61L スーパーフィネス2(プロト)<br />リール:ネオスDeez<br />ライン:バニッシュウルトラ3.5ポンド<br />ルアー:D-JIGヘッド+5インチスリムヤマセンコー<br /><br />2日目ビックフィッシュ<br /><img src=
タックル<br />‘><br /><br />タックル<br />ロッド:ファンタジスタDeez64L 60SCANDAL(プロト)<br />リール:ネオスDeez<br />ライン:バニッシュレボリューション3ポンド<br />ルアー:D-SHUワーム(ゲーリープロト)<br /><br /></div>
</section>
<section class="block01"><a name="トーナメント " id="トーナメント"></a><div class="tit-01-2"><h2 class="tit-01-in">開幕戦プリプラクティス終了</h2><div class="txt-day">2013-04-04</div></div>
<div class="txt-category">

<a href="http://www.aoki-guide.com/column/?cat=2"トーナメント" title="トーナメント">トーナメント</a></div>
<div class="txt-content">本日で開幕戦の地、早明浦ダムでのプリプラクティスの日々が終了。<br /><br /><img src=

感触は・・・・
現段階で試合の状況は正直読めない。
季節がどのように変化していくのか??

ただでさえ気まぐれな春。
感触とかではなく、自分がどれだけトーナメントモードに入れるか?
初戦はそんなメンタル面が出だしを左右する。

2週間後の自分を調節していくプラクティスが明日からのオフリミットである。

準備する物が多いので、オフリミット中も時間が足りないくらいである。

とくに現在プロト段階の仮名『ディッシュワーム』が好感触で、河辺さんに試合用に流してもらわねば・・・・

ディッシュワーム<br />‘><br /><br />プロトは今回ですべて失ってしまったのだ・・・・<br /><br />そんな感じのプリプラでしたが、本戦に向けて最高の準備をしていこうと思います。<br /><br /><br />現在は少し移動して徳島県にいます。<br />明日からロケです。<br /><br />ではでは。<br /><br /></div>
</section>
<br class="clearboth" />
<div class= 5 / 9« 先頭...34567...最後 »
Back to Top