青木大介 Official homepage

Columnコラム

Archive

開幕戦遠賀川

2017-04-15

プリプラクティスから終始苦しみ続けた開幕戦が終了し、一週間が経過しました。

苦手としている遠賀川での試合。プリプラクティスは1週間入りました。

 IMG_0989 IMG_0974

基本的には地形の再確認をメインに埋まってしまっていたり、流されてしまった物や、逆に新たなスポットができていなかなどの確認作業を行いました。

もちろん釣り込んだ日もありましたが、なんと一週間のプリプラクティスで手にした魚は3匹…

いくらプリプラとはいえ不安を抱えながら遠賀川を後にしました。

2週間後のオフリミット明け、前日前々日プラクティスでは全域をざっくりチェック!水温が15度台に突入していたことから、プリプラクティスからは確実に変化している状況で、実際に魚の反応からも季節が進行したことは明らかでした。

しかしながら、これといった手応えはなく、安を抱えたまま試合は始まりました。

この時点ですでに自分をうまくコントロールすることができずにいて、ファーストスポットで水門の開放による強烈な流れの発生と共にメインパターンは崩壊…

IMG_1199

普段であれば柔軟に対応していくところが、今回はプラクティスの中途半端な感触と、遠賀川に対する苦手意識が先行し、全くキレのない展開となってしまいました。

結果予選は通過したものの、最終順位を20位でフィニッシュ!

苦手な遠賀に負けたというよりは自分に負けたトーナメントとなりました。

IMG_1198 IMG_1200

応援してくださった皆様ありがとうございました。

完全出遅れはここ数年変わりませんが、この位置から逆転チャンピオンを狙って猛追していきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

トーナメント終了後も2日間居残りで、エリアを上流域に変えてロケでした。

2日間ともに縛りありの撮影でしたが、見事クリアでした。

IMG_1177 IMG_1188

 

帰宅後は空を飛んで現在は初の中国へ出張しております。

本日から2日間、こちらのトーナメント団体さんにゲストとして招待していただきました。トーナメントには参加していませんが湖にも浮きました。

エレキ限定の湖ですが、初のチャイナBASSにも触れました。

IMG_1220 IMG_1213

IMG_1209 IMG_1210

明後日帰国予定です。

 

プリプラ&ロケの大遠征

2017-04-03

久々の更新です…w

3月は中旬頃から約半月の大遠征をしておりました。

最初の目的地は愛媛県野村ダムを舞台に青木大介初となる単独の釣りビジョン番組INCREDIBASSのロケでした。

オカッパリでのロケという事で車の駐車場などを、現地に詳しい豊くんに同行してもらいました!豊サンキュー。

  IMG_0960 IMG_0969

初回放送は4月4日21時〜

 

お次は開幕戦のプリプラクティスで九州は福岡県遠賀川へ。

開幕からいきなり大の苦手な遠賀という事で、苦戦する事間違いなし…  プリプラは春休みであったDSTYLEスタッフのスーパー高校生梶原くんも数日同船しながら、1週間こなしました。

IMG_0978 IMG_0979 IMG_0987

まぁ、プリプラからすでに苦戦でしたが…

すでに2週間のオフリミットも終わりが近く、明日は丸一日かけて九州へ移動します。

 

プリプラを終えた後は九州から再び四国へ戻り、高知県早明浦ダムでこちらも初の出演となるTHE HITのロケでした。

放送はサンテレビにて4月5日22時〜となります。

 IMG_1073 IMG_1160

 

さらに〜 ここから琵琶湖へ!

2日間はにっしーとサックの3人でフィッシング。その後の2日間はつり人社から今年発売となる単行本の取材でした。

IMG_1084 IMG_1086 IMG_1079 IMG_1081

琵琶湖は相変わらず最高に楽しいフィールドです。

今回の琵琶湖取材はにっしーが琵琶湖で拠点としているRUSHさんにお世話になりました。ありがとうございました。

IMG_1132

取材終了後にバイタルさんにスキーターを整備で預け、長旅終了。

 

最後に一足早く開幕したJBマスターズシリーズ第1戦河口湖にてDSTYLEプロスタッフ佐藤旬がタフな試合を制し優勝しました。5位には昨年のマスターズ最終戦で優勝した咲花が入賞!

IMG_1161

ダブルお立ち台となりました!

2人ともおめでとう‼️

俺も遠賀川をなんとか克服せねば!

 

 

2016トーナメントシーズン終了

2016-11-28

いやー2ヶ月もブログ放置してしまいました…

その間に今年のトーナメントシーズンは終了を迎えました。

この2ヶ月間で何試合を戦ったのだろうか?自分の場合、JBのトーナメント以外にも対戦ものの企画などもあり、2ヶ月間バタバタでした。

対戦ものの企画は雑誌をご覧いただくとして、JBトーナメントの話をメインにしていこうと思います。

 

JBのトーナメントはTOP50最終戦北浦霞ヶ浦にはじまり、バサーオールスタークラシックにエリート5.ジャパンスーパーバスクラシックと怒涛の4連戦‼︎

しかし、どのトーナメントも勝つことはできませんでした。

 

TOP50最終戦では初日を40番代でスタートという最悪の状態から、2日目5キロオーバーを持込みなんとか、年間総合を4位でフィニッシュ!

IMG_0170

エリート5・ジャパンスーパーバスクラシックの権利を獲得。

でもこの出場権は悪夢への切符だった…

 

悪夢は3連覇のかかったオールスタークラシックからはじまった!

今回は霞北浦方方面に勝機を見出していた。

初日は予定どうり水門をくぐり、霞北浦をランガン!

ミスもあったが、魚となかなかリンクしない状況。まさかの一本のまま利根川へ戻り、タイムアップ寸前で一本追加し2本で終了。

2日目は逆転するなら絶対に霞北浦方面だった!

しかし自分のバスボートは利根川に浮き続けた…

利根川では今回は勝てない。プラクティスでわかっていた。

2日目に全く意味を持たないリミットメイクで、大きな後悔を残して3連覇のかかったオールスタークラシックを終えた。

IMG_0200

 

そして、そのままの流れで戦ったエリート。

エリート5は最下位。魚を探しながらの展開から初日はミドルレンジのクランキンパターンに辿り着くも…  噛み合わない…

エリートに関しては年末の釣りビジョンさんの放送をご覧ください。

とにかく辛かった。

 IMG_0206

IMG_0208

 

 

亀山ダムで行われたジャパンスーパークラシックは3位でフィニッシュ。

ただ一人最上流でサイトとヘビーカバーでの釣りを展開。前日1日のプラクティスで見出した勝つ釣り!正直勝てた試合だった。

IMG_0217

IMG_0216

この試合をもって2016年すべてのトーナメントを戦い終えました。

まずは応援してくださったすべての皆様に感謝すると共に期待に応えられなかったこと、申し訳ない気持ちです。

でも、また来年この気持ちへの恩返しはきっとしますから!

本当にありがとうございました。

悪い流れのまま、戦わなければならなかった今回の4連戦は本当に辛かった…   だがその分何かを得られたような気もする。

また来年のトーナメントに向けてオフシーズンを過ごしていきたいと思います。

長らくブログ放置でしたが、これからも見てやってください。

シーズン終盤のバタバタ

2016-10-18

またもやブログ約1ヶ月放置…

完全に常習犯ですが、毎年10月11月が一年で最も忙しいタイミングとなります。

トーナメントが終盤を迎え、この時期に連戦となり、それに加えて取材やロケ・イベントなども入ってくるので、家には全く帰れない状態となります。

そんなこんなで約1ヶ月はいろいろあり、ざっくりですが書いていこうと思います。

先ずは来年発売予定の単行本第3弾のロケを霞水系のオカッパリで行った際に自己ベストの5本9キロオーバーを達成‼︎50UPが2投連続で釣れたのにはビックリでした!

 IMG_0007 IMG_0025

単行本についてはまた詳しくお伝えしたいと思います。

 

今年初めて訪れた亀山ダムでは昨年に引き続きキャスティング岩槻インター店さん×青木大介のコラボトーナメントを今年も開催!

もちろん僕も参考記録ではありますが参戦させていただきました。

結果は3位のウエイトで何とか面目躍如w

IMG_0059 IMG_0062

また来年もやりたいですね。

 

河口湖ではJB河口湖Aの最終戦に出場してきました。

TOP50の片手間で出ているので、なかなかプラクティスには入れないことが多いのですが、それ以前に最近は河口湖をまったく攻略できない状態…

開幕戦は4位でしたが、それ以外は完全にノーフィッシュ…

最終戦くらいなんとかしたいと挑みました。

結果はなんと優勝‼︎前日にプラクティスに入れたのが、かなり大きいですがやはり練習は大切だなぁ〜と改めて思い知らされました。

IMG_0020 IMG_0019

詳しくJBNBCのホームページをご覧ください。

 

そして翌日からはルアマガモバイル企画の艇王でした!

IMG_0022

相手は奥田さんとカナモと超強敵…

こちらはAbemaTVで生中継されたので、ご覧になった方も多いと思いますが、カナモにがっつりヤられました…

まだまだ修行が足りません…

詳しくはルアマガモバイルにてご覧いただけます。クヤシー

 

艇王後も霞水系にてTOP50最終戦のプリプラクティスに入りました。

秋という気難しい季節での試合!事実プリプラクティスも毎日バラバラな釣れた方に戸惑いながらの練習でした。

IMG_0061 IMG_0071

TOP50最終戦、年間暫定順位は4位。トップとのポイント差は31点!

やることはシンプル!全力で勝ちにいくのみ。

実は明日からが前日2日間の公式練習です。

 

オフリミット中は書ききれないくらいのネタがあったのですが、ちょっとザザっと載せる感じにさせていただきます。すみません…

明日からはじまる連戦に集中して挑みたいと思います。

 

ポイント熊本インター店さんイベント

 IMG_0134

ロッド&リール取材

 IMG_0123

DSTYLEプロスタッフ咲花之人マスターズ最終戦優勝!

 IMG_0136

TOP50第4戦 桧原湖

2016-09-20

第4戦が終了し、すでに一週間以上が経過。大会終了後もロケや取材の連発で、先週はバタバタでした。

という訳で遅ればせながらの桧原湖戦レポートをアップしたいと思います。

今年の桧原湖は例年になく厳しい状況だと、プラクティスに入る前からちょくちょく耳にしていた。

2週間前のプリプラクティスでは、やはりイージーな状況とは感じなかったが魚が極端に減った感じはなく、バイトは遠いものの出ればデカイといった印象を受けた。

釣れないのではなく、釣りにくくなったといったところか。

 

image image

前日のプラクティスでは、めぼしい場所をサクサクと流していき魚探の映像なども含め、いくつかのよさそうなスポットに目を付けた。中でもブドウ島周辺にはキッカーサイズのスモールが群れていることが分かった。ラージに関しては、今回は全く感触を掴めず。スモールの800gから1000gで揃えることでの勝負を決めた。

初日。まずはブドウ島周辺からスタート!やはり朝から魚探の映像はすこぶる良好。実際にコンスタントにバイトをモノにし、10時くらいには数回の入れ替えをし、4キロ越え。

しかし、隣で釣っていた五十嵐プロは自分の倍のペースで魚を釣っていたことも目撃していた。

そして4キロを超えた時点で、別の場所もチェックすることにし、ブドウ島を後にしたのだが、これが完全な判断ミスであったことは後から判明する。

移動後は1回の入れ替えを行いストップフィッシング。

初日は4130gで7位スタート。

2016桧原湖 3

もう少し上位だと思っていただけにブドウ島でサーブしたことが悔やまれる結果となった。

 

2016桧原湖 1

2日目。この日も朝からブドウ島へ。だが、あれだけあったバイトがこの日は嘘のように沈黙・・・・ しかし隣の五十嵐プロは相変わらず釣りまくり!!

この瞬間に釣り方の差を感じた。

なくなくポイントを後にし、各所をランガンしていくがポロっとたまにバイトが出るのみでサイズも小さい。

結局この日は最後まで苦しんだ。この試合もAOYレースもこの日が大きなキーポイントになったことは間違いないと思うが、自分は大きく後れを取ることになった・・・・

2日目は2578gで23位。

2日間の暫定成績は10位で決勝へ。

 

最終日。とにかく捲れるだけ捲りたい!!思いはそれだけであった。

2016桧原湖 2

朝一はブドウ島へ向かったが1本をキープしたのみで移動。

この日は、前日までも釣っていたスポットだが最終日のみベイトが大量に入ってきた場所があり、そこで連発し3キロまでは何とか持って行ったが、この日はことごとくチャンスを逃す。

ラインブレイクにバラシとミスってはいけない場面でのミス。ついていないときはこんなものか・・・・

ウエイトアップに繋げることはできず悔しい帰着となった。

3日目は3170gで10位。

3日間の最終総合成績は8位でこの試合を終えた。

試合内容としては最悪の結果であったが、この試合で見つけた自分の弱点と大きな収穫もあった。

 

AOYレースの方は最終戦を残しトップと31ポイント差と、昨年以上の差をつけられての最終バトルとなる。厳しいのは言うまでもないが、やってやれないことはない!!とにかく最終戦は優勝を狙うしかなさそうだ!!

皆様、最後まで応援よろしくお願いいたします。

シーズン後半戦スタート

2016-09-05

ここ最近は厳しかった夏の暑さもひと段落といった感じになり、秋を感じ始めるタイミングですね。

さて桧原湖でのプリプラクティスでは、例年より厳しい状況が待っておりました‼︎

image image

毎年入れ替え合戦の桧原戦ですが今年はどうなることやら…

しかしながらAOYに向けた戦いは、間違いなくこの第4戦で大概決まってくる!

すでに明日には桧原湖に移動する為、今日は一日中準備に追われていました。

前日2日間の公式プラクティスでしっかりアジャストして、死に物狂いで戦おうと思います。応援宜しくお願い致します。

image

 

オフリミット中は新艇の細かなセッティングをしたりと、ボート関連の作業をメインにしていましたが、それ以外にも毎年恒例の大きな戦いをしてきました。

image

それは陸王です。

プラクティス2日間に本戦2日間の計4日間を、高知県波介川で過ごしてきました。

波介川は今回初めて訪れたフィールド‼︎

image image

久々の初場所での戦いでしたが、結果はいかに‼︎

次号のルアマガをお楽しみに〜〜

image

 

さ〜て、明日からまた長旅が始まります。

最後にチョイ見せのDSTYLEのニューアイテムプロト‼︎『ウイニングクロー』‼︎

image

 

 

ではでは

 

プリプラ終了&豊英ダム

2016-03-27

image

 

image image

あいだに西日本釣り博を挟んでのプリプラ遠征となった今回。前半3日後半3日に分けて行いました。

感触としては現時点では非常にタフな状況でした…

俺にはまぁまぁ厳しい感じでしたよ。

季節的にも2週間後となると変わってくるとは思いますが、どう変化してくるのか??

春の早明浦ダム戦は数回経験していますが状況変化が激しく、水位や水質などによってバスの状況は様々!!毎回違った表情を見せるのが春の早明浦です。

 image image

 

image image

今回からFecoルールの適用や開幕戦は馬力制限があるので、しっかりとした準備も勝敗を分ける大きな要素となりそうです。

プリプラから帰宅後はすぐにプラで不具合の出た場所を点検整備しました。

image

来週末の河口湖Aシリーズはアルミでの動きを体に染み込ませる意味でも、390で出場しようと思います。

2週間後に再び2日間の直前プラクティスを経て本線となります。

 

話は変わって、先日発売となったBasser5月号で田辺さんの千葉県豊英ダムでの記事が紹介されている。

 image image

実は今年のはじめにプライベート釣行で訪れていたフィールドがまさにこの豊英ダムである。

このフィールドはもともとヘラブナ釣りのフィールドであり、レンタルボート屋さんはヘラブナ釣り以外の釣り人のレンタルをしていなかった。しかしヘラブナ釣りのお客さんだけでは経営が厳しくなり、昨年末あたりからバス釣りの釣り人にもレンタルを行うようになったのだ。

詳しくはBasser5月号を是非とも読んでもらいたいのだが、新たなバスフィールドをみんなで大切にしていこうというのが願いです。

閉ざされてしまうフィールドが多い中で、このような新たなフィールドの出現は本当にありがたいことであり、大切にしていかなければならない。

この豊英ダムに関して特にヘラブナ釣りの方々との共存が大きな課題で、課題といってもバスアングラーが気をつければ何も問題はないのだが、フィールドの規模は小さく、特に川幅が狭いことで両サイドにヘラブナ釣りの方がポジショニングしていると、ど真ん中を通過したとしても両側からのウキとウキの間ギリギリでの通過となる。そこを通過する際にやらなければいけないこととして、まずは「ここを通らせてもらっていいですか?」と一声掛け、通過する際は引き波を立てないスピード。ミンコタ無段階であればダイヤル10、5段階であればダイヤル1のスピードとなる。つまり最低スピードに限りなく近いスピードで通過するのが礼儀となる。それ以外にもヘラブナ釣りの方の近くを通過する際はウキに引き波の影響が出ないスピードで通過することを心がけて欲しいです。

僕が訪れた際もこのような状況に出くわしましたが、きちんと声をかければ気持ちよく通過させてくれました。

ヘラブナ釣りの方が減ったとはいえ、まだまだ多くのヘラブナファンが訪れています。

その他にもマイボートの持ち込みが禁止であったり、非常に多くの崖崩れポイントがあり、頭上への配慮も必要です。

またレンタル船はいわゆるローボートのみとなりますので、船舶免許がないとエレキの使用はできないのと、ガンネルを超えるようなハイデッキは正直危険です。

まだバス釣りには新しいということもあり、この辺りの情報発信が遅れてしまっています。

現在ボランティアでルールマップや、ホームページなどの製作をしてくれている方がおり、近いうちにボート屋さんなどで見ることができますので、湖に出る際は必ず確認してから出船するようにしてください。

もちろんバスはかなりナイスな魚が釣れますよ!!

image

僕も真冬に55upを頭にいい釣りしました。

ルールを守りながら釣りを楽しんでいただき、ボート屋さんが潤ってくれれば、これからもみんながいい釣りを楽しんでいけるフィールドになるでしょう。

image

 

 

釣納&取材も残り1つ

2015-12-23

これを書いている現在河口湖は雪が舞ってきました。

image

いよいよ積もっちゃうかな~~~ といった雰囲気が漂っています。

さて最近は一気にフィールドへ出る回数が減ってきました。逆にインドアでの仕事が多くなっています。

特に来季へ向けての打合せが大詰めを迎えており、ピュアフィッシング社へ出向いたり、ハヤブサFINAのスタッフさんが来社し、新製品などの話し合いをしました。

imageimage

ピュアフィッシングに関してはまだ写真公開できないアイテムが多く、特にリールに関してはスピニング・ベイトともに新型へと移行していきます。僕はすでに見ていますが完成度はかなり高く、来季の台風の目になることは間違いないでしょう。

一方、ハヤブサ社も去年あたりからラインナップが充実し始め、いまやフック界のナンバーワンを争えるくらいに成長して来ております。これはハヤブサスタッフさんの熱心な動きと、並木さんをはじめとした最強プロスタッフの開発があっての最長だと思います。これからも続々とNEWアイテムがリリース予定なので是非楽しみに待っていてください。素敵なプレゼントありがとうございました。

 

週末の日曜日はトキタボートさんのクラシックに特別参加させていただきました。

image

亀山ダムはルアマガ艇王以来でしたが、なんとなく状況を考え出船。水位は高く、水色も濁っていました。

結果的に釣り方は2つに絞られました。

1つはトルキーストレート5.8インチスナッグレスネコでのカバー打ち。

image

ルアマガ艇王で優勝した際はトルスト4.8インチでのスナッグレスネコが炸裂しましたが、水色が濁っている状況下では、やはり5.8にボリュームアップすることでバスにワームを発見してもらえる確率を増やすことが釣果アップにつながります。プラスでこれからの寒い季節には確実に大きなシルエットのワームが効果を発揮します。トルスト5.8に3g以上のネイルシンカーの組み合わせでカバーを打ってみてください。

トルスト5.8に関してはその他にもジグヘッドワッキーやノーシンカーワッキーなど、ロングワームならではの強く激しい動きが出せるのが特徴です。ネコリグ以外も多用できます。また動きの動画などをFacebookなどにアップしたいと思います。

imageimage

 

もう一つのパターンは5mまでのフラットエリアでのシェイクシャッド・レッグワームを使ったダウンショット。

シェイクシャッドはボトムに沈めてからのシェイクアクションで使用し、中層でのフォールとショートドラッキングにはレッグワームといった使い分けで、10本以上のバスをキャッチ!!

image

シェイクシャッドについてはまだバスが見慣れていないこともあり爆釣!!

レッグワームに関しても高反応でしたが、最大のキモがあり、それはワームのカラーでした。メインで使用したのはチャートとグリパンのツートンカラーで#985です。

このカラーに変えてからのバスの反応は異常なほどでした。

結果はビックサイズがなかなかキャッチできずに5位でした。

image

上位の方々は、やはりカバー絡みでのテクニカルな釣りを展開されていたようでした。

亀山ダムは本当に魚が多く、いろいろなパターンがあり、バスフィッシャーマンにとって魅力の高い湖です。それに加えて今回は参加者の方々が非常に大会を楽しまれていたのが印象的でした。

また来年も亀山で釣りを楽しんでいきたいと思います。トキタボートさんありがとうございました。

imageimage

 

取材も残りあと少しということで、昨日は内外出版社にてルアマガさんの取材をこなし、その後は八王子のスーパーフィッシングルームに移動。そう世界のThis is並木さんのフィッシングルームにて対談取材でした。

imageimage

並木さんは売り切れ続、出巷で噂のあのTシャツを着用されていましたw

image

この内容はまたの機会にお話ししたいと思います。

並木さん晩御飯ご馳走様でした~~~

さて大掃除するかな~

 

対戦系はすべて終了

2015-11-24

ジャパンスーパーバスクラシックのレポート以来、久々に更新となります。

JBトーナメントはクラシックで最後でしたが、僕にはまだ人気対戦企画でのバトルが多く残っていました。それもやっと終了。

大きな企画はこれで終わりです。

今月8日には毎年恒例となっている青木大介&湖波オープントーナメントが開催されました。

今年は約130人の方々に、ご参加いただき大盛り上がり。前日に放流が行われたこともあり、釣果の方も例年になく、バスをウエインされた方が多かったと思います。

imageimageimageimageimageimage

もちろん大会の目玉となっている抽選会もハンパないことになっていました!!!

すべてはご協賛いただいているメーカー様や個人の方々のご協力があっての事です。本当に感謝いたします。

image

詳しい内容はブラッディー岩堀プロの「ブラッと寄り道釣り日記」をご覧ください。

http://ameblo.jp/wataruiwahori/day-20151110.html

 

人気対戦企画と言えばルアーマガジンさんの陸王・艇王

陸王については先日戦いを終えたばかりで、予選を通過した僕を含めた4人での戦いで、加藤誠司さん・奥田学さん・川村光大朗さんとの対戦でした。

内容をお伝えしたいところですが、これは12月末発売のルアーマガジンを楽しみにしていてください。

一方、艇王ですが、こちらは亀山ダムにて11月10・11日に行われました。

相手は予選を勝ち抜いた川村光大朗さん・木村健太さんでした。

もちろん勝ちました!!

image

船で負けるわけにはいきません!!

プラなしぶっつけ本番の艇王ですが、魚を探しながらの展開。初日はトルキーストレート4.8をセットした3gのスナッグレスネコ。キモは完全にカラーで普段使うことのないモエビミソというカラーが炸裂でした。

2日目はパターンが変わったものの、スーパーシャローのハートテールパターンを発見!!

この模様は詳しくルアーマガジンモバイルにてご覧いただくことができますので、是非詳しくチェックしてみてください。

 

対戦系終了後は店舗イベントの連発でした。

まずは初の鹿児島上陸!!かめや鹿児島谷山店さんにてトークイベントを開催させていただきました。

imageimageimage

そして、その日に鬼移動し、いっきに仙台入り。

次の日はキャスティング仙台南店さん主催のバスカーニバルに参加させていただきました。

メンツは超豪華で川村光太郎さん・金森隆志さん・岡友成さん・伊藤巧さん!!司会はルアマガ編集長マイケルさん。

もちろん多くのお客様が足を運んでくださいました。

image

夜の食事会も熱ーいトークで大盛り上がり。このメンツは、いつも良い刺激をくれるし、本当に尊敬できるバスアングラーです。楽しかった~~~~~

鹿児島・仙台とイベントにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

今週末は再びイベント。

King of Fantasistaメンバーの国保誠さん・澳原潤さんとの3人によるトークイベントです。

フィッシングエイト本店にて11月29日(日)開催となります。

お待ちしております。

image

最後にファンタジスタ情報。

10周年記念アニバーサリーモデルが発売となります。受注生産のため、数は極めて少量です。記念の腕時計もついてかなり豪華!!

image

すでに無いかもしれませんレベルですが・・・・

 

さて明日から2日間は霞水系にてロケです。

image

 

クライマックスエリート5 2015

2015-10-05

TOP50最終戦を終え、発表となるエリート5の日程と湖。

今年も霞ヶ浦水系戦終了後に発表となった。

舞台は福島県桧原湖で、スモールマウスがメインターゲットとなり、ラージマウスでのミックスバックに成功すると強烈なウエイトが出ることはTOP50レギュラー戦をご覧の方々はよく知っているでしょう。

 2015エリート5 2

そんな桧原湖を舞台にたった5人での戦い。

やはりスモールマウスでリミットをつくり、ラージでのキッカーパターンで決めるといった図式が浮かんだ。

シーズン後半の過密日程の中、いろいろな方々にご協力いただいて確保できたプラクティス日程は2日半。

そのうち2日間をラージマウス狙いのパターンに時間を費やし、半日でスールマウスのポジションを見極めた。

結果、ラージでのパターンは確立できず、一方スモールマウスもポジションは読みきれてはいなかったものの、800g~1000gといったサイズが入ってくることを確認。

トーナメント本番では、過去自分が桧原湖で叩出したスモールオンリーでのベストウエイト4060gを、遥かに上回るウエイトを釣らなくてはエリートでは勝てない。

迎えた当日、スモールマウスをメインとし、ポジションの把握から釣り方の模索、そして確立したメインパターン。スーパーディープでのウルトラフィネス!!

今回のエリート5、俺の勝負の仕方はそれでした!

2015エリート5 1

非公開の多いトーナメントなので、詳しくは釣りビジョンさんでの放映をご覧ください。

2015エリート5 3

ひとこと言えることは、最終的には勝ちたいと思う気持ちの勝負だった気がします。


1 / 812345...最後 »
Back to Top